Home > ニュース > 「悔しかったけど、楽しかった!」木村沙織が3季ぶりに日本復帰

2014年11月19日10時00分

「悔しかったけど、楽しかった!」木村沙織が3季ぶりに日本復帰

  • LINEで送る
「悔しかったけど、楽しかった!」木村沙織が3季ぶりに日本復帰
「悔しかったけど、楽しかった!」木村沙織が3季ぶりに日本復帰
 11月15日バレーボールVプレミアリーグが幕を開けた。注目されたのは、今季トルコリーグから東レアローズに移った木村沙織。

 初戦は、3連覇を狙う久光製薬スプリングス。試合は3-2で久光に逆転負けを喫したが、王者を最後まで追い詰めた東レの戦いぶりは、今季の飛躍を予感させるものだった。

 戦いを終えた木村は、「久しぶりに日本のリーグでプレーできて、とても悔しかったけど、すごく楽しかったです。東レアローズというチームが本当に大好きなので、このメンバーでできたことはすごく嬉しかったです。チームを決めるときも、勝った時のイメージが沸いたのがこのチームだったので、全員で喜べるように1試合1試合積み重ねていければと思っています」

 最終セットでは途中交代し、足をマッサージする場面が見られ心配されたが、「すごくコンディションは良かったんですが、逆に力みすぎてというか……足がもともと攣りやすいんですけど、最後攣ってしまいました。しっかりコントロールしながら、ゲーム運びできなかったことを、すごく反省しました」と11月22日の岡山シーガルズ戦に向けて影響はないようだ。

 2年間トルコリーグで過ごしたことで、いろいろな海外の選手を見ることができ、視野が広がったという木村。海外で得た経験を活かし、チームの勝利に貢献していく。

結果は惜敗だったが、日本復帰初戦を楽しみながらプレー
結果は惜敗だったが、日本復帰初戦を楽しみながらプレー
  • LINEで送る
  • sports japan GATHER キャリア支援サービス