Home > ニュース > 日本初の自転車トラックトーナメント『PIST6 Championship』が10月2日から開催。車券はオンラインで購入可能

2021年9月9日16時49分

日本初の自転車トラックトーナメント『PIST6 Championship』が10月2日から開催。車券はオンラインで購入可能

  • LINEで送る


自転車のトラック競技「ケイリン」の国際基準のルールに基づいて行われる日本初の自転車トラックトーナメント『PIST6 Championship』が、10月2日から開催される。

会場は、千葉競輪場跡地に建築された千葉JPFドーム。国際規格の250メートル周長の木製バンクを備え、約2000席の観客席を有する屋内競技場として完成した。観客席は有料で、正面最前列の席は「プレミアムシート」として設定し、バンク内側には来場者が自由に使用できるアリーナ席が設けられる。

また、ミクシィが提供するスポーツベッティングサービス「TIPSTAR」から車券の購入が可能。飲食の販売など、会場内での支払いはキャッシュレス決済のみとされる。

試合は、1レース6周の6車立て。現行競輪にはない1選手が1日に2度レースに臨む『1日2走制』を導入し、ブロックなどで選手同士が接触しない、縦の動きだけで争う国際ルールを採用。国内の競輪選手だけでなく、世界ランキング上位選手の参加が予定されている。

トーナメントに参戦予定の脇本雄太さんは、

「国際ルールで行う大会の回数が増えれば、国内の競技レベルはもっと向上していくと思います。世界中のトップクラスの選手たちが来日する機会があると聞き、五輪とは別の形で盛り上がるレースが日本で行われるということに期待しています」

と話した。
トーナメントに参戦予定の脇本雄太さん
このトーナメントは、国内最大級のミラーボールや音響照明設備を駆使した会場の演出も用意され、従来の競輪にとらわれない新しいスポーツエンターテイメントを提供すると共に、従来のギャンブルの場としての競輪場のイメージを払拭し、子連れでも観戦できる場を目指す。

なお新型コロナウイルス対策で、当面は無観客で行われる。開催日は土、日を中心に2日間の昼夜開催で、年間100日程度の施行を予定している。
  • LINEで送る