Home > ニュース > 東京五輪チケットの再抽選は陸上、サッカー、野球など97セッションが対象

2021年6月23日17時30分

東京五輪チケットの再抽選は陸上、サッカー、野球など97セッションが対象

  • LINEで送る
観客上限に伴いチケットの再抽選が行われる。©Tokyo 2020


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表者を交えた5者協議が6月21日に開催され、東京オリンピックの観客上限を会場定員の50パーセント以内で最大1万人と決定した。

それに伴いチケット再抽選の対象になるものが、23日に発表された。対象競技となるものは以下の通り。

【陸上】(7月30日~8月7日、16セッション)
男子・女子100メートル決勝、男子・女子200メートル決勝、男子・女子4×100メートルリレー決勝、男子・女子400メートルハードル決勝、男子・女子4×400メートルリレー決勝など

【野球】(7月28日~8月7日、16セッション)
準決勝、3位決定戦、決勝など

【サッカー】(7月21日~8月7日、30セッション)
男子・女子準々決勝、男子・女子準決勝、男子・女子3位決定戦、男子・女子決勝など

【ゴルフ】(7月29日~8月7日、8セッション)
男子・女子第1ラウンド~第4ラウンド

【近代五種】(8月6日~8月7日、2セッション)
男子・女子水泳、フェンシング、馬術、レーザーラン

【ラグビー】(7月26日~7月31日、8セッション)
男子・女子準決勝、男子・女子3位決定戦、男子・女子決勝など

【ソフトボール】(7月25日~8月1日、7セッション)
3位決定戦、決勝など

【サーフィン】(7月25日~8月1日、8セッション)
男子・女子準決勝、男子・女子3位決定戦、男子・女子決勝など

それに加えて開会式(7月23日)、閉会式(8月8日)も対象になっている。なお観客の上限とは別扱いとなった学校連携観戦チケットのほか、公式観戦ツアーや大会関係者の招待客などは対象にならない。

現在、約363万枚が販売済みとなっており、今回約91万枚が削減される。再抽選の結果は7月6日未明に公式チケット販売サイトで判明する予定で、チケットが無効となった場合は利用不可となり、払い戻しとなる。払い戻しの受付は、7月6~15日午前中までとなっている。
  • LINEで送る