Home > ニュース > ユニクロがスウェーデン選手13人と”初”の『チームブランドアンバサダー』契約を締結

2020年7月22日20時59分

ユニクロがスウェーデン選手13人と”初”の『チームブランドアンバサダー』契約を締結

  • LINEで送る
会見に臨んだファーストリテイリンググループ上席執行役員の柳井さん。写真・ユニクロ



ファーストリテイリング傘下のユニクロは、スウェーデンのトップアスリートおよびレジェンド選手、計13人と『チームブランドアンバサダー』契約を締結したことを発表した。

ユニクロは昨年、スウェーデンの五輪、パラリンピック両委員会と4年契約を結び、2022年の北京五輪・パラリンピックまで、代表にユニフォームなどを提供することが決まっていた。そこから、さらに関係性が深まり、今回の契約に至った。

ファーストリテイリンググループ上席執行役員の柳井康治さんは、

「これまでは、錦織圭選手やロジャー・フェデラー選手など、個人のアスリートと契約を結んできました。しかし、今回は“チーム”という単位で初めて契約を行いました。やはり、13人と人数が多くなることで、多様な価値観、競技の特性の違いなど、様々なことに気がつくことができました。その方たちと共に、高品質で革新的、かつサステナビリティの要素を含む新しいコレクションの開発を進めています」
元スウェーデン女子サッカー代表のロッタ・シェリンさんなど、トップアスリートおよびレジェンド選手13人と契約を締結。写真・ユニクロ
契約したスウェーデンの選手は、2016年リオデジャネイロ五輪マウンテンバイククロスカントリーで金メダルを獲得したジェニー・リスヴェッズさんや元スウェーデン女子サッカー代表のロッタ・シェリンさんなど、トップアスリートが名を連ねている。

さらに、『DREAM PROJECT by UNIQLO』を立ち上げたことも発表。これは、社会貢献活動として、若者や子供たちが、トップアスリート達との交流を通して、健康的な過ごし方を体験する場を提供していくというもの。今後、スウェーデンで、テニスやサッカーができる機会を設けていく。
  • LINEで送る