Home > ニュース > 2020東京五輪・パラリンピックの”延期”が決定。開催は21年度中へ

2020年3月24日23時20分

2020東京五輪・パラリンピックの”延期”が決定。開催は21年度中へ

  • LINEで送る
新型コロナウイルスの影響により、2021年度に大会を延期


4年に1度のスポーツの祭典、五輪が延期になった。

2020年3月24日、2020東京五輪・パラリンピック組織委員会は、東京五輪・パラリンピックを1年程度延期すると発表した。五輪が戦争で中止になった例はあるが、延期されたのは史上初めてのこと。

安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らが同日の夜、電話で協議し、夏の東京五輪を1年程度延期する方針で一致。ほかには大会組織委員会の森会長、東京都の小池百合子知事、菅義偉官房長官、橋本聖子五輪相が同席。

同意したことは下記の3つ。

1、双方、アスリート、IF、NOC等の意向に鑑み、大会中止が選択肢にない

2、そのうえで、双方は、アスリート及び観客の安心・安全を確保することが最も重要であり、この観点から、現在の世界の状況が継続的に悪化していることに鑑み、予定どおり本年7月に開催することは不可能であり、更には年内に開催することも不可能であり、延期とせざるを得ない旨で一致

3、東京五輪・パラリンピックの実施に向けて、IOCと東京2020組織委員会、政府、東京都をはじめ、内外の関係機関が一体となり、遅くとも2021年夏までの実施に向けて、具体的に検討していく

加えて、3月26日から予定されていた聖火リレーも中止されることが発表された。森会長は、

「大変残念ではあるが、”延期”という一つの方向性が出た。計画されていたものよりも、より良い大会を作っていければと思っている」

と胸の内を話した。
延期と発表した大会組織委員会の森会長
なお、大会名称は『東京2020』のまま。聖火リレーなども大枠を変更することはないと話した。そして、チケット購入者についても”配慮”しつつ、現在購入されている人が、来場できるようにしていく方向性を示した。

問題なのが、会場となる施設と費用の問題。武藤事務総長は、

「簡単な作業ではない。来年、会場となる施設予約が既に入っているところもある。そして、費用面に対しても、1年会場を借り続けることになるかもしれない。費用の規模感はこれから算出し、負担額もどの程度になるのか考えないといけない」

3月24日、東京五輪・パラリンピックにおいて”延期”という大きな転機を迎えてしまった。しかし、新型コロナウイルスの問題がきちんと解消され、安全な大会を開くことを最優先に考えることが一番大切。

2021年に、全員が笑顔で迎えられる希望の大会になることを願っている。

取材・文/太田弘樹
  • LINEで送る