Home > ニュース > クイズを通じて“スポーツの価値”を学ぶことができる『Find my PLAY TRUE』が開始

2017年11月16日20時18分

クイズを通じて“スポーツの価値”を学ぶことができる『Find my PLAY TRUE』が開始

  • LINEで送る
JADAアスリート委員の8名が『Find my PLAY TRUE』を体験した
日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、スポーツに関するクイズを通じて“スポーツの価値”“アンチ・ドーピング”を学ぶことが出来るサイト『Find my PLAY TRUE』を2017年10月26日に公開した。

これは、アスリートのインタビュー記事にまつわるクイズや、アンチ・ドーピングを題材としたクイズがサイト内で出題される。参加者は、SNSのアカウントでログインを行い、クイズの正解数、インタビュー記事の閲覧によって獲得するポイントにより、アスリートのサイン入りグッズなどが当たる抽選に応募できる。

また11月6日には、JADAアスリート委員の委員長である田辺陽子さんをはじめ、池田めぐみさん、齋藤里香さん、杉林孝法さん、鈴木靖さん、髙山樹里さん、松田丈志さん、室伏由佳さんが集まり、体験・意見交換会を行った。
体験中の池田めぐみさんと松田丈志さん
2004年アテネ、08年北京五輪フェンシング女子代表の経験を持つ池田さんは、

「今後、クイズを解くだけでなく、参加者もクイズを作って投稿できるようになれば、出題者もより深くスポーツを考える機会になると思います」

と参加できるような仕組みを作り、積極的にスポーツを知ってもらうことが重要だと話した。さらに同委員長で、1988年ソウルから3大会連続五輪でメダルを獲得した柔道の田辺さんは、

「読み上げ機能など、視覚に障がいがある人たちへの配慮もしていただき、音声で読み上げるよう対応してもらいたいです。そして、学校の授業などで子供たちが楽しみながら活用できると思うので、そのような広がりも期待したいです」

『Find my PLAY TRUE』は、東京大会を盛り上げる一助となるように、2020年まで継続的に行われる予定。クイズを通して、スポーツがより身近なものになることを期待したい。
  • LINEで送る
  • sports japan GATHER クラウドファンディング