Home > ニュース > 東京・丸の内でスポーツフェスが開催(2) 80店舗で食べられる!暑い夏に負けないためのパワーフードとは?

2016年8月12日11時45分

東京・丸の内でスポーツフェスが開催(2) 80店舗で食べられる!暑い夏に負けないためのパワーフードとは?

  • LINEで送る
東京・丸の内仲通りエリアで8月22日(月)まで、参加型スポーツイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES 2016~丸の内がスポーツの街になる!~」が開催。コンセプトは『体験して、見て、食べて、楽しむ』。全3回にわたり、イベントの魅力を紹介。今回は『食べて』についてフィーチャー。

期間中、暑い夏に負けない体づくりを応援するグルメフェア「丸の内 POWER FOOD(パワーフード)」も行われている。これは高タンパク、低カロリー、ビタミン豊富なメニューを提供し、健康な体を作ろうというもの。有名アスリートの栄養管理も行うスポーツ栄養士の坂元美子さんから体づくりにあわせた、アドバイスをもらった。
まず、割れた腹筋を手に入れるために効果的に筋肉をつけたい人は、『お肉』をしっかり摂ることを薦めている。

「お肉に含まれるたんぱく質を効率よく筋肉に変えるには、ビタミンB6やB12、葉酸といったビタミンが必要です。これらのビタミンを多く含む豆類や野菜も共に摂りましょう。しなやかな筋肉を作るにはコラーゲンが大切で、鶏皮やすじ肉に多く含まれます。一緒にビタミンCを摂るとより効果的に作られます」(坂元さん)
新丸ビル5階にあるイタリア料理デリツィオーゾ フィレンツェの『北海道十勝産赤牛“いけだ牛”の炭火焼オーガニックオリーブオイルの香り』3672円(税込み)。脂肪が少なく、柔らかい赤身には筋肉の材料となるタンパク質が豊富
また、たるんだカラダをしっかり引き締めたい人には、ビタミン群たっぷりな野菜を摂ってほしいと話す。

「体脂肪をエネルギーに変えるため必要なビタミンB2を摂り、こまめに動きましょう。かんきつ類や梅などに多いクエン酸は、脂肪をエネルギーに変えやすくし、夏バテ予防になります。羊肉に多いカルニチンも脂肪燃焼に必要です。ジュレの材料ゼラチンは、肌のたるみ予防の必需品。ビタミンC豊富な夏野菜と共に摂りましょう」(坂元さん)
iiyo!!(イーヨ!!)地下1階にあるイタリア料理PASTA MARCHE AWkitchen'sの『丸ごとトマトのサラダ~オリエンタルソース~』702円(税込み)。脂肪の蓄積を防ぐリコピンや疲れをとるクエン酸を含むトマトの中にたっぷりの鶏ひき肉がつまったヘルシーな組み合わせ
パワーフードは、丸ビルや新丸ビルなどの約80のお店で食べることができる。店舗詳細はこちらから。おいしく食べて体質改善しよう!
  • LINEで送る