Home > ニュース > 集中力アップに効果あり!? スマホ・PC・SNSを禁止するデジタルデトックスに挑戦してみよう!

2016年7月7日16時30分

集中力アップに効果あり!? スマホ・PC・SNSを禁止するデジタルデトックスに挑戦してみよう!

  • LINEで送る
起きたらすぐにスマホをチェック、食事中も、信号待ちのちょっとしたひと時も、 練習の合間も、寝る直前まで……すぐに情報を見ることが出来、いつもで何かを発信できて、楽しいことがたくさん詰まっているデジタルライフ。

しかし、常にスマホを頭のどこかで気にしてしまっていませんか? 練習中は練習に集中している…つもりでも、ちょっと聞こえたスマホの音に反応してしまうことは実は誰でもあるはず…意外と集中力ダウンの原因にもなっているかもしれないデジタルに囲まれた生活。今日は、意図的にデジタルライフから離れることで、疲れのたまった脳や体を癒す「デジタルデトックスステイ」を紹介。

自宅にいて、1日PCもタブレットも、スマホもOFFにして過ごすのはなかなか大変。我慢することで逆にストレスが溜まってしまうことも。そんな人のために、都心にありながら、森のような庭園やスパをリゾート気分で満喫できるホテル椿山荘東京から「デジタルデトックスステイ」プランが誕生。

7月31日(日)、8月21日(日)、9月25日(日)の3日間限定のこのプランは、1泊2日で心身のリフレッシュを楽しむというもの。

快適な環境でただのんびり過ごすというだけでなく、適度な運動や快眠のためのアクティビティが用意されているのもこのプランの特徴のひとつ。エクササイズや快眠アクティビティの指導を行うのは、高校時代にバレーボールで国体優勝を果たすなどアスリートとして実績を残した後、ファッションモデルに転身し、現在はボディメイクトレーナーとしても活躍する佐々木ルミさん。

このプランのルールは3つ。
1:アナログコミュニケーションを楽しむこと
スマホ・PC・SNSは禁止! 直接の会話やひとりの時間を満喫することでデジタルな世界の「つながり疲れ」をデトックス

2:自然・温泉・運動を楽しむこと
緑豊かな庭園や自然光がさしこむプール、伊東から直送の温泉をじっくり堪能。3回の運動プログラムで脳疲労と体疲労両方をデトックス

3:自分と向き合う時間を楽しむこと
毎日忙しく過ごす中では、なかなか持つことが出来ない「自分と向き合う時間」。デジタルに費やしていた時間に自分と向き合って、これからのことを考えてみよう

生身の自分としっかりと向き合うことで、情報に左右されずに、きちんと集中して物事を進めていけるように。自分でも気づかないうちに、体の疲れや心の疲れ、それに女性特有のさまざまな悩みがたまりがちな現代ライフから、この夏は少しだけ離れてみては?
ホテル椿山荘東京 03-3943-0996(宿泊予約9:00〜20:00)
  • LINEで送る