Home > ニュース > 競泳・北島康介さんがプロデュースに関わるトレーニング施設でパフォーマンスをアップ!

2016年6月9日17時00分

競泳・北島康介さんがプロデュースに関わるトレーニング施設でパフォーマンスをアップ!

  • LINEで送る
トレーニングが日常。だけど、何となく決めたメニューで何となくの気分でトレーニングしていませんか? アスリートとしてパフォーマンスを上げるには、きちんと自分のことを知るのが必要不可欠。今年、現役引退を表明した競泳の北島康介さんがプロデュースに関わるトレーニング施設「FLUX CONDITIONING」では、新プログラムとして「HR測定」をスタートした。

Heart Rateつまり心拍数を測定し、最新のシステムで乳酸閾値や最大酸素摂取量も測定。疲労の原因となる乳酸をエネルギーに変えて長時間運動ができるように、また自分がどれだけの酸素を利用できるかを把握するころで運動パフォーマンスを向上させる。と測定することにより、最も効率の良い方法でトレーニングプログラムを作成できるというもの。 さらに、トレーニングの効果も明確に知ることができるので、スポーツパフォーマンス向上や運動効率を向上させたいなら、本格的な数値測定を行ってみてはどうだろうか。

そもそも、FLUXとは“流れ”を意味する言葉、水や空気が流れるように体内の血液やリンパが正しく流れ、体の軸に沿ってスムーズに気が流れている状態を作ることで、その人に最適なバランスを作り出してくれるのが「FLUX CONDITIONING」。アスリートの競技パフォーマンスアップだけでなく、理想のラインを作るボディデザインや腰痛改善などのアスレティックリハビリテーションまで、目的にあったパーソナルコンディショニングを提供してくれる。
渋谷と代官山のほぼ中間に位置する好立地のスタジオは、トレーニングエリアはもちろん、北島康介さんが主宰する「KITAJIMAQUATICS」のノウハウを活かし、最新鋭の施設を使用する画期的なスイムプログラム・アクアラブや、極真空手のキッズスクール、マーシャルアーツのレッスンと多彩なプログラムが揃う。

また、特に女性アスリートにオススメなのが、運動プラスαの設備の数々。体にとって良いことだらけの運動でも、実は悪玉活性酸素が発生してしまうことが唯一のデメリット。老化の原因にもなる悪玉活性酸素を除去するとして注目されている水素を用い、体の内外からさまざまな病気や肌トラブルなどのケアをするためのトリートメントは、運動が日常になっているからこそ、受けてみたいトリートメント。
さらに、鹿児島の老舗割烹「山映」三代目、新村友季子さんがプロデュースするのが「限りなくグルテンフリーに近いおばんざい」そして「アスリート飯」をテーマにした1階のFLUX CAFE。ヘルシーでありながら満足度も高い和食中心のメニューは、日本文化ならではの発酵食品や麹を使い、旨味を引き出す調理法にこだわったもの。低脂肪で高タンパク、グルテンの使用を最低限に抑え、隠し味や仕上げにさりげなくスーパーフードを使用したモダンジャパニーズの優しい味と心地よい空間で、ただの食事だけでないリラックスしたひと時を楽しめる。

パフォーマンス向上だけでなく、ビューティや食に至るまでトータルで自分の体をメンテナンスして、一歩先のアスリートライフを送ってみては。

FLUX CONDITIONING(フラックスコンディショニング)
03-3780-5553
東京都渋谷区猿楽町3-7木下ビル


FLUX CAFE (フラックスカフェ)
03-6452-5778
東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル1F
  • LINEで送る
  • sports japan GATHER クラウドファンディング