Home > 特集・連載 > フィットネスインストラクター麻田ゆんさん「“笑顔”+“元気”にレッスンすることを心掛けています」(後編)

2020年11月19日13時45分

フィットネスインストラクター麻田ゆんさん「“笑顔”+“元気”にレッスンすることを心掛けています」(後編)

  • LINEで送る
知りたい!就きたい!スポーツの仕事
連載24回目~フィットネスインストラクター編~
インストラクター麻田ゆんさんに話を聞きました


「スポーツ業界で働きたい!」と考えている学生や転職を希望している人に向けて、“どんな職種があるの?”、“どんなスキルが必要なのか?”など、実際に現場で働いている方にインタビューし、仕事の“あれこれ”を聞きました。

CARDIO BARRE
インストラクター
名前:麻田ゆん(あさだ・ゆん)・インストラクター名:YUN(ゆん)
職業歴:2017年12月~

仕事内容
・店頭/オンラインでのレッスン
・レッスンプログラムの考案
・新人インストラクターの指導

取材・文/奥田高大

“見られている”ことを意識
CARDIO BARRE(以下、カーディオ・バー)渋谷店で働いている麻田ゆん(以下、YUN)さん。そこでインストラクターを行う傍ら、モデルやタレント業もこなす中で、『人に見られる』という共通点を見つけたという。

渋谷店には、30代を中心に幅広い年代の女性が会員で、毎日来店する人もいるという。それだけに、レベルが高く、飽きのこないレッスンを提供できるように意識している。

「カーディオ・バーのレッスンは、レベルに合わせた3つのクラスと、有酸素運動を含まないストレッチ中心のフロアバークラスがあり、毎日いらっしゃる方や空いている時間にまとめて受ける方など様々ですが、共通しているのは、みなさんとても意識が高いんです。“身体を引き締めたい”とか“女性らしい、美しい身体を目指したい”など、始める動機や目標は違っても、真剣に取り組んでいる方ばかり。だから、プログラムの内容はもちろんですが、レッスン中の歩き方1つをとっても気を抜けません。常に『見られている』ことを意識しています」

ほんの少しの体重の変化にもお客様に気付かれてしまうと笑うYUNさん。何より大切にしているのは、常に“笑顔”+“元気”でいること。

「1日に数回のレッスンをこなすときでも、お客様と一緒にエクササイズすることで、元気をもらえます。だから私も元気に笑顔でお客様に楽しんでいただけるよう、自分自身も楽しむことを心掛けています」
目標はマスタートレーナー
現在、都内に3店舗ある『カーディオ・バー』では、新型コロナウイルスの影響もあり、レッスンへの参加人数を減らしている。一方で、6月からはオンラインレッスンも開始。YUNさん自身、まだ慣れないこともあるが新たな発見もあった。

「オンラインレッスンは、お客様の顔が見えないので難しさもありますが、地方に住んでいる方など、これまで足を運んでいただけなかった方にも参加していただけるのが、すごく嬉しいですね。バーのかわりにテーブルや椅子の背もたれを使ったり、ウエイトとしてペットボトルを持っていただいたりして、一緒にエクササイズをしています」

カーディオ・バーのインストラクターになって約3年。YUNさんは、所属するインストラクターの中でも、長いキャリアの持ち主になり、最近では新人インストラクターの研修指導をすることもある。

「カーディオ・バーで働くようになり、以前よりも食事に気を付けるようにもなりました。今はカーディオ・バーのレッスンとは別に、パーソナルトレーニングも担当しているので、よりトレーニングのことを勉強しています。加えて、1時間のレッスンを楽しんでいただくために、様々な工夫をしています。そして、その“工夫”が、私自身のレッスン時の幅を広げるだけではなく、新人を指導するときにも役に立っています」

バレエの経験を活かしながら、トレーニングについての経験も重ねているYUNさん。最後に、どのような人がこの仕事に向いているのか聞いた。

「カーディオ・バーのインストラクターになるには、バレエ歴5年以上という条件が必要です。バレエの基礎を知っていることで、お客様への説得力や、より良いアドバイスができます。あとは、人前に立つのが好きな方やコミュニケーションを取るのが好きな方、そして何よりフィットネスの良さをたくさんの人に伝えたいという気持ちがある方は、この仕事に向いていると思います。

今は、新型コロナウイルスの影響もあり、海外への渡航が難しい状況ですが、いずれは本国のロサンゼルスで研修を受けて、マスタートレーナーになることが目標ですね。そして、カーディオ・バーの認知度を日本でもっと向上させていきたいです!」


(プロフィール)
麻田ゆん(あさだ・ゆん)
1993年12月1日生まれ、大阪府出身。3歳から約15年間クラシックバレエを経験。その後、モデルやタレントとして活動する傍ら、2017年12月よりカーディオ・バーのインストラクターとして働き始める。現在は、トレーニングにも力を入れており、18年に開催されたボディコンテスト『サマースタイルアワード(SSA)』では、グランプリに輝くなど、活動の場を広げている。HP:カーディオ・バー

※データは2020年11月19日時点
  • LINEで送る