Home > 特集・連載 > 「マーケットのないビジネスを開拓するから面白い!」バッティングスクール&ヘルスケア事業 中山健一さん(後編)

2017年6月20日14時46分

「マーケットのないビジネスを開拓するから面白い!」バッティングスクール&ヘルスケア事業 中山健一さん(後編)

  • LINEで送る
知りたい!就きたい!スポーツの仕事現場 連載11回目
~バッティングスクール&ヘルスケア事業編~
スポーツデータバンク執行役員の中山さんに話を聞いた
2020東京五輪に向け「スポーツ業界で働きたい!」と思っている学生や転職を希望している人が多くなる中、どんな職種があるの?どんなスキルが必要なのか?など分からないことが数あり、仕事の実際を知ることが意思決定には重要となる。そこで、スポーツを仕事としている人にインタビューし、仕事の“あれこれ”を聞いた。

バッティングスクール&ヘルスケア事業、中山健一さんスポーツの仕事前編

取材・文/奥田高大
事業を広める役割を担う
現在、スポーツデータバンクの執行役員を務める中山さん。普段は社内外の打ち合わせが大半だという。

「基本的に一日、デスクに座っているということは、ほとんどありませんね。社内の打ち合わせに加えて、お客様に会社のことを知っていただくためにいろんなところへ顔を出し、私たちに何ができるのかを考えるのが仕事の中心です」

会社の顔として、さまざまな場所へ赴く中山さんだが3年前まではスポーツビジネスの統括者として、マネジメント、スタッフ育成などを主に担当していた。ただ、その時期は辛い時期でもあった。

「僕は自分がどんどん動いていくタイプで、管理職としてスタッフをマネジメントするのがすごく苦手です。例えばスタッフが何か悩みを抱えていて仕事が停滞していたとしても、私自身が悩むより動くタイプなので、どのように声をかけていいのかがわからない。会社から求められているモノと、自分ができることの接点が見つからないので解決策も見つからず、その時期はつらかったですね」

その後、同社では適材適所の考えから、中山さんを含むスタッフのポジションを再構築。中山さんは外に出て、スポーツデータバンクの事業を広める役割を担うようになった。
スキルよりも大切な会社と自分の価値観の共通点
新たなマーケットを開拓していくことが面白いと話した中山さん。今後はヘルスケア事業にも力を入れていく
野球を中心としたスクール事業、フィットネスジムの運営、部活動へのコーチングプロ派遣など、スポーツを軸に幅広い事業に取り組む同社だが、ベースにはスポーツとヘルスケアを通して、社会課題を解決し、人々の成長に貢献するという一貫した考えがある。中でも今後、力を入れていくヘルスケア事業は、まだ収益の柱といえるまで成長してはいない。しかし、それを開拓していくことが、仕事の面白さだと中山さんは話す。

「具体的には、生活習慣病を防ぐための運動習慣をつけていただくために、企業や自治体向けにプログラムやインストラクターなどを提供するのがヘルスケア事業です。現在、高齢化社会もともなって、日本では医療費が増え続けていますから、そのために私たちができることとして、このヘルスケア領域に取り組んでいます。まだまだマーケットは開拓段階ですが、野球スクールのときも『そんなビジネスが成立するわけがない』といわれました。当時野球は、コーチがボランティアとして教えるのが当たり前。でも少しずつ拡がり、今では国内外150ヵ所以上でスクールを開校しています。マーケットがあるかないか分からないものに対して、チャレンジしているので苦労といえば苦労ですが、とてもやりがいがあります」

『やりたいことを仕事にする』という強い思いで取り組む中山さん。この仕事に必要なのは、スキルよりも何がしたくて、何でやりがいを感じられるのかだという。

「言葉は悪いかもしれませんが、会社のリソースを利用して、自己実現するというスタンスが必要ではないかなと思います。自分の価値観や方向性と、会社がやろうとしていることにブリッジがかけられるかどうかが重要です。仕事って大変なことのほうが多いので、会社がやろうとしていることに共感できなければ、なかなか頑張れないと思うんですよね。会社もそうですが、自分の価値観を変えることって難しいですから、会社と自分に共通項が見つけられるかというのがすごく大事です」

同社のビジネスモデルを日本国内だけではなく、海外にも展開していきたいという中山さん。そのチャレンジはまだまだ続いていく。
(プロフィール)
中山健一(なかやま・けんいち)さん
1982年生まれ、千葉県出身。千葉商科大学卒業後、スポーツデータバンクに入社。ジュニアバッティングスクールのコーチングプロとして1000名以上のジュニア世代の選手を指導。その後、同スクールのエリアマネジャーを歴任し、執行役員として全国200校のスクール総責任者としてスクールマネジメント、コーチ育成に従事。現在は、執行役員として会社のプロモーションなどを任されている。HP:スポーツデータバンク
  • LINEで送る
  • sports japan GATHER クラウドファンディング